正しいリライトの方法

インターネットで「リライトの仕方」を検索すると、単語や語尾の入れ替えを解説するページが目に留まることがあります。しかしこれだけでは正しいリライトとは言えないばかりか、リスクを含んだ間違ったリライトの方法だと言えるでしょう。

もしリライト前の原文に著作権が発生していた場合、原文を少しいじっただけの単純な書き換えは、盗作や著作権侵害という問題を起こす恐れがあります。原文の出所がはっきりせずに、著作権が発生している可能性が1%でも残る文章をリライトするなら、言葉を入れ替えるだけではない、きちんとしたリライト処理が必要不可欠です。

間違ったリライトをしない確実な方法がひとつあります。それは、元の文章を書き換えようとしないこと。つまり、参考程度にとどめることです。

原文の内容を読み込んで頭の中で理解したら、単語ひとつひとつを変換しようとせずに、大筋の流れを自分の言葉で語っていくのです。そこに自分の感想や体験談、知識などの織り交ぜてみましょう。すると、あなただけのオリジナル文章が出来上がります。

ただこの方法は、自分自身が詳しいジャンルの文章に対しては容易でしょうが、興味のないジャンルの文章ではとたんに難しくなります。書いてることの意味が分からないのは問題外ですが、内容が理解できたとしても無関心なジャンルの文章では、有益な感想や知識を織り交ぜることも困難でしょうし、ましては体験談など語れっこありません。

その場合、リライトはどうやるか。詳しくないジャンルについては勉強しながら記事を作成していくことが正攻法となります。ただ、勉強といっても分厚い参考書を読破するほどの苦労はいりません。インターネットを利用して同じ事柄に対する複数の読み物を読み比べて、頭の中で理解し、整理し、書くだけです。

リライトは原文に沿って内容を書く行為ですから、文章の大筋の流れも当然決まってます。インターネット検索ならリライトに必要な箇所だけピックアップして勉強できるため、参考書よりも効率よく目的の情報を得ることができます。同じことを説明している文章も複数見つかり、さまざまな表現で書かれているので、知らないジャンルのことも比較的たやすく理解でき、リライトに必要な表現力もたくさん学べます。知らないジャンルをリライトするなら、まず検索して、ざっくりと書いてあることを理解するのが最優先させるべきことです。

原文に書かれていることを理解したら、できるだけ原文を見ないで書いていくといいでしょう。そのとき、それは誰に向けて書く文章か、ターゲットとなる読み手をイメージし、どんな表現を使えばきちんと伝わるかを考えて言葉を選ぶことも大事です。また、ネット検索して共感した文章があれば、共感した時点でそれはあなたの意見や感想とも言えますから、自分なりの言葉で言い換えてみるのもいいでしょう。

リライトブーンでは、リライトにかかる負担を軽減するリライトツールを提供しています。完全無料で利用できますので、興味のある方はお使いください。こちら

リライトと著作権

リライトは「元の文章の内容を変えずに表現を書き換える」ことです。つまり原文を手元に用意して初めてリライト作業に取り掛かることができるわけです。

リライト文章の原文は誰かが書いた文章ですから、その出所によっては原文に著作権が発生している場合があります。とくにインターネットで仕事として募集しているリライト作業は、原文が持っている著作権を侵害しないために文章を改変する目的のものも多いようです。

原文がインターネット上に存在する文章の場合、下手にリライトした文章なら google や yahoo! で検索するだけで、似たような文章(原文)をすぐ発見できてしまいます。盗作だと判断されかねませんので、検索に引っかからない徹底したりライトが求められます。

つぎのような書き直し作業だけでは完全なリライトとはいえません。

文章の前後を入れ替える

  • (リライト前)ベランダに現れた猫に癒しのひと時をもらう。
  • (リライト後)癒しのひと時をくれたのはベランダに現れた猫だった。

同じ意味の単語に入れ替える

  • (リライト前)受験生を応援しようと、さまざまな合格祈願グッズが発売されている。
  • (リライト後)受験を控えた生徒をサポートしようと、たくさんの願掛け商品が市場に出回っている。

語尾を変更したり、原文に一言付け足す

  • (リライト前)料金が高くてもスピードやサービスを求める時代の流れだ。
  • (リライト後)料金が高くてもスピードやサービスを求める時代の流れである。サービス競争はますます激化する一方だ。

これらの書き直しのいずれかを行っただけでは、原文の雰囲気を払拭できていません。そんな文章が世に出回ってしまえば著作権を侵害する可能性が出てくるわけです。しかし上記の書き直しを複合的に取り入れた文章ならば、原文とはまったく違った印象を与えることも不可能ではありません。文脈や単語を入れ替えが中途半端なのが、問題のあるリライトになってしまうのです。

元の文章とリライトした文章を自分で読み比べて、まったく異なった印象を受けるならばリライトは成功といえるでしょう。しかしそれにはたくさんの言葉や表現方法を知っておく必要があります。本来リライトは、元ある文章を読み込んで頭の中で整理し、一から自分の言葉で文章を作り上げることと指します。誰にでもできる簡単なことではありません。

リライトブーンでは、リライトにかかる負担を軽減させるために、リライトツールを提供しています。完全無料で利用できますので、必要な方はぜひお試しください。こちら

リライトとは何か

リライトは日本語で「書き直し」と訳されます。つまり文章を書き直すことです。とくに、他人の書いた文章を、自分の言葉で書き換えるテクニックを一般的に「リライト」と呼びます。

たとえば次の文章をリライトしてみます。

リライト前の文章

週末は雨の予報だったが、実際は晴れた

リライト後の文章

天気予報では、今週末は雨と言ってた。しかし土曜も日曜も雲ひとつ無い快晴でした

最初の文章と後の文章を比べると、表現が変化した分だけ受ける印象も変わってきます。しかし意味自体は変わっていません。伝えたい内容は変更せずに、表現やトーンだけを変えて文章を再構築するのがリライトのおおよその定義と言えるでしょう。

リライトには、必ず原稿があります。他人が作った文章、また自分自身が依然書いた文章が原稿です。そういう資料を元にして、資料には使われていない新しい言葉や表現で原稿と同じ内容を伝える特殊技術がリライトなわけです。

上手なリライトには、豊富は語彙力と表現力が求められます。語彙や表現は、本やインターネットの文章を読むことである程度即席で補えますが時間もかかってしまいます。リライトブーンでは、原文に使われている言葉と同じ意味を持つ言葉をすぐに調べるためのリライトツールを用意しています。完全無料で利用できますので、手軽にリライトしたい方はぜひお試しください。こちら