リライトと著作権

リライトは「元の文章の内容を変えずに表現を書き換える」ことです。つまり原文を手元に用意して初めてリライト作業に取り掛かることができるわけです。

リライト文章の原文は誰かが書いた文章ですから、その出所によっては原文に著作権が発生している場合があります。とくにインターネットで仕事として募集しているリライト作業は、原文が持っている著作権を侵害しないために文章を改変する目的のものも多いようです。

原文がインターネット上に存在する文章の場合、下手にリライトした文章なら google や yahoo! で検索するだけで、似たような文章(原文)をすぐ発見できてしまいます。盗作だと判断されかねませんので、検索に引っかからない徹底したりライトが求められます。

つぎのような書き直し作業だけでは完全なリライトとはいえません。

文章の前後を入れ替える

  • (リライト前)ベランダに現れた猫に癒しのひと時をもらう。
  • (リライト後)癒しのひと時をくれたのはベランダに現れた猫だった。

同じ意味の単語に入れ替える

  • (リライト前)受験生を応援しようと、さまざまな合格祈願グッズが発売されている。
  • (リライト後)受験を控えた生徒をサポートしようと、たくさんの願掛け商品が市場に出回っている。

語尾を変更したり、原文に一言付け足す

  • (リライト前)料金が高くてもスピードやサービスを求める時代の流れだ。
  • (リライト後)料金が高くてもスピードやサービスを求める時代の流れである。サービス競争はますます激化する一方だ。

これらの書き直しのいずれかを行っただけでは、原文の雰囲気を払拭できていません。そんな文章が世に出回ってしまえば著作権を侵害する可能性が出てくるわけです。しかし上記の書き直しを複合的に取り入れた文章ならば、原文とはまったく違った印象を与えることも不可能ではありません。文脈や単語を入れ替えが中途半端なのが、問題のあるリライトになってしまうのです。

元の文章とリライトした文章を自分で読み比べて、まったく異なった印象を受けるならばリライトは成功といえるでしょう。しかしそれにはたくさんの言葉や表現方法を知っておく必要があります。本来リライトは、元ある文章を読み込んで頭の中で整理し、一から自分の言葉で文章を作り上げることと指します。誰にでもできる簡単なことではありません。

リライトブーンでは、リライトにかかる負担を軽減させるために、リライトツールを提供しています。完全無料で利用できますので、必要な方はぜひお試しください。こちら